シンガポール
入国情報

2022年5月9日現在

観光目的の入国と条件

2022年4月1日よりワクチン接種を完了している渡航者は、シンガポールへ入国許可申請、渡航前検査、到着後検査、および隔離なしで旅行ができるようになりました。

 

・入国にはシンガポール到着までに所定のワクチンの2回接種を終え、2週間経ていることが必要です。

・ワクチン接種を完了していない場合は有効な入国許可(例:例外的な理由)がない場合、原則としてシンガポールへの入国はできません。

・ワクチン接種を完了している渡航者の入国に必要な書類や条件は以下の通りです。

1)ワクチン接種証明(電子版または書面のQRコード)を入手してワクチン接種チェックポータルVaccination Check Portalにアップロード 

 在シンガポール日本国大使館では 「新型コロナウイルスワクチン接種証明書アプリ」で表示されるQRコード(ICAO VDS-NC)のスクリーンショットを推奨しています。

2)出発3日前までにSG Arrival Card(電子入国カード)とe-health declaration(電子健康申告書)を、シンガポール入国管理庁(ICA)の無料の公式電子サービスを通じて提出

3) TraceTogetherアプリをスマートフォンにダウンロードし、必要事項を登録

 

シンガポール政府観光局 シンガポール短期渡航者のための旅行要件

 

在シンガポール日本国大使館 重要なお知らせ (2022年4月26日更新)

 

隔離期間と方法

・所定のワクチンの2回接種を終えている場合は隔離不要です。

・ワクチン未完了の場合で有効な入国許可がある場合、事前に予約した任意の宿泊施設で7日間の隔離と、隔離終了時のPCR検査が必要です。

 

シンガポール政府観光局 シンガポール短期渡航者のための旅行要件

 

 

※本ページに掲載されている情報は、記載されている日付時点の情報です。内容が変更になっている可能性がありますので、最新情報は、各国の日本国大使館または外務省のウェブサイトをご確認ください。

駐日ASEAN大使館のリスト

外務省海外安全ホームページ 各国・地域における新型コロナウイルスの感染症危険情報

BACK TO TOP