シンガポール
入国情報

2021年10月18日現在

入国規制の概要と手続き関係

  • ビジネス

・現在、シンガポールの長期滞在パス(Work Pass  “Employment Pass” “S Pass”  “Dependant’s Pass” や “Student’s Pass”) 等を所持している方以外、日本からシンガポールへの入国はできません。(2021年10月14日現在情報)

長期滞在パスを所持している方も、(再)入国には当局の事前承認(Entry Approval)の取得が必要です(⇒Work Pass所持者の入国承認 ⇒Student’s Pass所持者・同行者の入国承認)。

 

隔離期間と方法

  • ビジネス

日本から(再)入国する場合以下の要件があります。

(1)Work Pass(Employment Pass、S Pass、Dependant’s Pass等)所持者(2021年11月1日入国分からはStudent’s Pass所持者及び同行者も)はシンガポール到着までにワクチンの2回接種を終え2週間を経ていること(航空機搭乗・入国に際してワクチン接種証明の提示と当地での隔離後の抗体検査等が必要)

※日本のワクチン接種証明書やシンガポールでのワクチン接種記録等が利用可能。抗体検査についてはこちら。

(2)日本出国前48時間以内にPCR検査を受検し陰性の証明書を取得(入国審査時必要)

(3)入国時PCR検査受検(費用160ドルは自己負担。2021年10月27日以降の到着者は不要)

(4)入国後7日間のホテルや自宅(同居家族がいる場合は本人はバスルーム付きの部屋での隔離が必要)での隔離

(5)隔離終了前の指定された日時にPCR検査を受検(費用125ドルは自己負担)。

※上記各検査の対象は、2018年(12月31日)以前に生まれた方

 

シンガポール入国管理局 「Safe Travel」旅行および健康管理措置

 

外務省 「海外安全ホームページ」

 

シンガポール観光局 「シンガポールへの旅行者に対する渡航制限」

 

※本ページに掲載されている情報は、記載されている日付時点の情報です。内容が変更になっている可能性がありますので、最新情報は、各国の日本国大使館または外務省のウェブサイトをご確認ください。

駐日ASEAN大使館のリスト

外務省海外安全ホームページ 各国・地域における新型コロナウイルスの感染症危険情報

BACK TO TOP