バンコクで 花文化に触れるデイトリップ

バンコクでは、街角のあちらこちらに、花のあるシーンが繰り広げられています。祈りの場で、嬉しい時に、何気ないタイミングで、花はタイの人々の暮らしを彩っています。市内や郊外のあちらこちらを巡りながら、タイ独特の花文化に触れるデイトリップを楽しんでみましょう。

花が身近にあるタイならではのアレンジメント

日本の生け花やアレンジメントでは、花や植物をあるがままの姿で用いて、花器に活けたりブーケに しますが、タイの花アレンジメントは、ちょっと異なります。美しい花びらや花蕾をあくまでも素材として考え、バラバラにして糸で縫ったり、ピンで留めたり、と、まるで生きたクラフトであるかのように仕上げるのが特徴です。

自然が近くにあり、生活の中に生花がふんだんにあるタイでは、それが伝統的な花文化なのです。

仏教の儀式や結婚式、お祝いなどの人生の大切な節目を、タイの人々は凝った仕立ての色鮮やかな花アレンジメントで彩ります。その1日だけのために最高の美しさを追求し、色や香りで「現在」を祝福するのがタイの美意識なのかもしれません。

プアンマーライ(花輪)は、針金にジャスミンの蕾を刺し、最後に糸で結んで輪に仕上げる。
プアンマーライ(花輪)は、針金にジャスミンの蕾を刺し、最後に糸で結んで輪に仕上げる。

祈りと願いを込めて。花数珠プアンマーライ

ジャスミンの花蕾をたくさんつなげて輪に仕立てた、基本的なプアンマーライ。
ジャスミンの花蕾をたくさんつなげて輪に仕立てた、基本的なプアンマーライ。

タクシーの中に飾ってあったり、仏像や祠にお供えしたり、目上の方に贈り物をする際に一緒に差し上げたり。タイの人々の暮らしに欠かははせないのが、プアンマーライと呼ばれる数珠のような花輪です。タイでローカルなホテルに泊まると、テーブルの上や置物に、さらりとプアンマーライかけられていることもあります。また、毎年8月12日の母の日には、母親にプランマーライを送るのが習わしです。

一般的なプランマーライは、ジャスミンの小さな花蕾をぎゅっと糸でつなぎ合わせて作られます。赤やピンクのバラ、黄色のマリーゴールドなどが房の代わりに用いられることが多く、デザインや大きさはさまざまです。

プアンマーライの美を際立たせるのが、タイ語で「ドック・ラック」、愛の花という意味の小花。その形状は王冠にも似ていて、なんとも優雅。王宮の儀式や、一般人の結婚式にも使われる縁起のよい花です。

くるりと丸まったシェイプがなんとも不思議で美しい。ドック・ラックの花。
くるりと丸まったシェイプがなんとも不思議で美しい。ドック・ラックの花。
大きくて、より凝った作りの華やかなプアンマーライ。お祝いなど特別な日に用いられる。
大きくて、より凝った作りの華やかなプアンマーライ。お祝いなど特別な日に用いられる。

タイ最大の花市場をぶらりと探検する

花好きなら、バンコクで一度は訪れて見たいのが、チャオプラヤー川近くに位置するパーククローン市場です。パーククローンとは、水路の入り口、といった意味。その歴史は、18世紀、タイの現王朝であるチャクリー王朝の初代ラーマ一世が、チャオプラヤー川に通じる水路を設けた頃に遡ります。その後、魚や肉などの市場は別の場所に移り、パーククローン市場は、農産物や生花が中心の市場となりました。タイ最大の花市場で、国内各地から生花や草木が集まってくる巨大な複合マーケットです。

パーククローン市場の中でも、お供え用の花々を扱う店が多く集まるのが、ヨートピマーン生花市場。ここでは、さまざまなプアンマーライを見ることができます。一つ10バーツほどの小さくてシンプルなものから、何百バーツもする芸術品のようなものまで。デザインやサイズは、店や作る人によってそれぞれに異なるので、じっくりと眺めるのも楽しみです。

旅行客なら、道端の屋台で小さなプアンマーライを買って、ブレスレットのように手首につけるのも一興。芳しい香りとフレッシュさをその一日だけ楽しむのも、素敵です。

花が痛まないように、プランマーライは氷と一緒に並べて売られている。
花が痛まないように、プランマーライは氷と一緒に並べて売られている。
チェンマイ県から送られてくるバラ。30〜40本ほどで、50〜60バーツと卸値なのでとてもお得。
チェンマイ県から送られてくるバラ。30〜40本ほどで、50〜60バーツと卸値なのでとてもお得。
ヨートピマーン市場は、24時間オープン。花市場が最も賑わうのは、各地から花が運ばれてくる夜明け前。
ヨートピマーン市場は、24時間オープン。花市場が最も賑わうのは、各地から花が運ばれてくる夜明け前。
市場付近の路上は、たくさんの花を運ぶ仕事人で賑わっている
市場付近の路上は、たくさんの花を運ぶ仕事人で賑わっている
パーククローン市場 Talat Pak Khlong
Chakkraphet Rd, Khwaeng Wang Burapha Phirom, Khet Phra Nakhon, Krung Thep Maha Nakhon

マリーゴールドの花の渦にエネルギーをもらう

黄色とオレンジのマリーゴールドの花を、1メートル以上も繋ぎ合わせたガーランド状のものが渦高く供えられている。
黄色とオレンジのマリーゴールドの花を、1メートル以上も繋ぎ合わせたガーランド状のものが渦高く供えられている。

 

さまざまな想いを花に託して、人々が祈っている姿が印象的なのが、エラワン廟(プラ・プロム)。グランドハイアット・エラワン・ホテルの角にある、ヒンドゥー教の祠です。金運アップ、家内安全、商売繁盛など、さまざまな願いごとを叶えてくれるパワースポットとして、一年中、国内外からの参拝者で賑わっています。

お祈りをする際には、線香やマリーゴールドの花を、四面体のブラフマー神のそれぞれに時計回りに供えながら、願いをかけてゆきます。誰でもお祈りできるので、ぜひ線香と花を買って願いをかけてみましょう。山吹色のマリーゴールドの花は、繁栄を意味するとか。花が次々とふんだんに積み重ねられてゆく、その鮮やかな色に、旅への エネルギーをもらえそうです。

プラ・プロム(エラワン廟) Phra Phrom (Erawan Shrine)
Rachaprasong, Lumpini, Pathumwan, Bangkok

花の美をより深く知るなら「花の文化博物館」へ

タイの花に興味を持ったなら、ぜひ訪れてみたいのが「花の文化博物館」。タイ人フローラルアーティストのサクン・インタクン氏が運営する私設博物館です。インタクン氏は、世界的なイベントなどで活躍する他、タイ王国シリキット王太后のフラワーコーディネイト担当として、数々の国家行事や儀式にも参加したキャリアの持ち主。

館内には、タイの儀式に用いられる花飾りのデザインや意味、タイの花文化の特徴や昔の写真、アジア各国の伝統的な花文化、インタクン氏の活動ぶりなど、花の文化について多方面から展示がされていて興味が尽きません。

博物館は、デュシット地区の閑静な住宅地に建つ。コロニアル様式のチーク材建築は、100年以上前のラマ6世の時代に建てられた貴重なもの。
博物館は、デュシット地区の閑静な住宅地に建つ。コロニアル様式のチーク材建築は、100年以上前のラマ6世の時代に建てられた貴重なもの。
インタクン氏の創作によるエレガントで特別仕立てのプアンマーライ。(※常設展示ではありません)
インタクン氏の創作によるエレガントで特別仕立てのプアンマーライ。(※常設展示ではありません)
風を感じるカフェ「Salon de la Rose」では、のんびりとお茶とお菓子を。
風を感じるカフェ「Salon de la Rose」では、のんびりとお茶とお菓子を。

博物館には、カフェも併設されていて、タイをはじめとするアジアのお菓子やお茶をいただきながら、ゆっくりと時間を過ごせます。美しい写真で綴られたインタクン氏の著作本も販売されています。

花の文化博物館 The Museum of Floral Culture
315 Samsen Rd. Soi 28, Yaek Ongkarak 13,Dusit, Bangkok

睡蓮を間近に楽しめるレッドロータス・フローティング・マーケット

ドローン撮影してもらった写真を、自分のスマホに送ってもらう有料サービスがあり人気。
ドローン撮影してもらった写真を、自分のスマホに送ってもらう有料サービスがあり人気。

 

バンコクに隣接したナコーンパトム県のバーンレーンにあり、バンコク中心部からは車で約1時間半。2017年のオープン以来、人気となっているのが「レッドロータス・フローテイング・マーケット」です。

広大な睡蓮の池には、2種類の睡蓮が1年じゅう咲き誇っています。船頭さんが漕いでくれるボートに乗って、睡蓮の花をごく近い視点からゆったりと愛でることができます。

池のそばにはお店やカフェもあり、軽食も楽しめる。ハスの花びらに包んでいただく「ミエンカム」。
池のそばにはお店やカフェもあり、軽食も楽しめる。ハスの花びらに包んでいただく「ミエンカム」。

午後に咲く種類の睡蓮もありますが、多くの花がきれいに咲く午前中の早めに行くのがおすすめ。また、ドローンで自分たちが乗った船を記念に撮影してくれるサービス(有料)もあります。

レッドロータス水上マーケット Red Lotus Floating Market
Bang Len, Bang Len District, Nakhon Pathom

花をテーマにして巡るバンコクとその郊外へのデイトリップ。南国の花の清らかさに癒され、タイの人々の想いに触れる豊かな時間になります。

 

 

文・写真提供 : 坪田三千代 (Michiyo Tsubota)

BACK TO TOP