ミャンマー
入国情報

2022年5月9日現在

観光目的の入国と条件

4月17日の商用便再開に伴い、ミャンマーへの入国条件が変更されました。この条件は商用便でミャンマーに入国する外国人に適用されます。

 

入国に必要な書類は以下の通りです。

1)商用マルチビザ又はシングルビザ。取得には、レコメンデーションレター(関係省庁や投資委員会等の推薦状)の写しが必要

2)到着14日以上前までに承認済みのワクチン接種(2回)完了の接種証明書

3)到着前72時間以内のPCR陰性証明書

4)国営保険会社 Myanma Insuranceから購入したCOVID-19医療保険の加入書類

隔離期間と方法

ミャンマー入国後、空港の専用カウンターで迅速抗原検査が行われます(費用は自己負担で 1万5000チャット)。

 

・検査結果は約1時間で判明し、陰性であれば空港を出ることができるとされています。陽性の場合は保健省の指示に基づき、医療施設、治療センター又はホテル隔離となります。

 

在ミャンマー日本大使館 商用便でのミャンマーへの入国について

(更新日:2022年5月2日)

 

 

 

 

※本ページに掲載されている情報は、記載されている日付時点の情報です。内容が変更になっている可能性がありますので、最新情報は、各国の日本国大使館または外務省のウェブサイトをご確認ください。

駐日ASEAN大使館のリスト

外務省海外安全ホームページ 各国・地域における新型コロナウイルスの感染症危険情報

 

 

 

BACK TO TOP