絶対に外せない!
本場のカンボジア料理

インドシナ半島の中央というロケーションからタイやベトナム、中国など周辺の国の要素を融合しながら発展してきたカンボジア料理。タイ料理ほど唐辛子を使わず、甘酸っぱい味付けで野菜をたっぷりと使うのが特徴です。比較的マイルドな味わいで外国人にも人気のメニューを紹介します。

アモック

雷魚などの淡水魚をココナッツミルクとカレーペーストで煮て、バナナの葉やココナッツの殻に入れて蒸した、カンボジアを代表する料理です。溶き玉子を入れて茶わん蒸しのようにフワフワに仕上げたタイプと、スープカレー風のものとがあり、いずれも甘くまろやかな味が特徴です。魚の代わりに鶏肉を使うバージョンもあります。

アモック Amok

ロックラック

カンボジア風サイコロステーキ。ひと口大に切った牛肉を甘辛いタレに漬け、フライパンで炒めたシンプルな料理です。黒コショウにライム汁を搾ったソースを付けて味わいます。

ロックラック Lok Lak

ソムロー

「ソムロー」はスープのことで、酸味の利いたソムロー・ムチュー、カレー風味のソムロー・カリーなどが定番です。具材には鶏肉や豚肉、魚などが使われ、タマネギなどの野菜の甘みを生かした優しい味わいが特徴です。具材とスープをご飯と一緒に食べるのがカンボジア流です。

ソムロー Samlo

プラホック

塩漬けの魚を発酵させたペーストで、調味料としてさまざまな料理に用いられます。ペーストのまま食べるのも一般的で、焼き魚などに付けたり、白いご飯と一緒に食べたりします。独特のクセがありますが、慣れてくると病みつきになる一品です。

プラホック Prahok

ナタン

豚ひき肉とエビ、赤トウガラシ、レモングラスなどを和えたペーストで、サクサクのライスクラッカーにのせて食べます。前菜の定番メニューで、ビールやワインによく合います。

ナタン Natang

クイティウ

米麺を用いたスープ麺で、タイのクイティオやベトナムのフォーなどと共通する麺料理です。鶏ガラや豚骨ベースのあっさりしたクリアなスープが主流で、肉団子や薄切り肉、挽き肉、野菜など、具材が種類豊富なのがカンボジアの特徴。朝食の定番メニューで、暑い日には汁なし和え麺の「クイティウ・コォーッ」も人気があります。

クイティウ Kuyteav

チュナンダイ

カンボジアの鍋料理のことで、チュナン(鍋)、ダイ(土)のとおり、土鍋を使うのが定番です。具材は牛肉、豚肉、鶏肉の肉類と、各種野菜やキノコ、春雨など。基本的にスープに味付けはしておらず、店ごとの特製のタレに付けて食べます。

チュナンダイ Chhnang Dae

カンボジアンバーベキュー

ジンギスカン鍋に似たドーム型の鉄鍋を使うカンボジア風焼き肉。中心で肉やシーフードを焼き、縁の部分にはスープを張って野菜や麺を煮るという、焼き肉と鍋を同時に楽しめるのが特徴です。

カンボジアンバーベキュー Cambodian Barbeque
BACK TO TOP