ブルネイ
入国情報

2021年10月18日現在

入国規制の概要と手続き関係

  • 観光
  • ビジネス

ブルネイへの入国にはトラベルパス(ETP)の申請が必要です。申請できる入国目的はビジネス、公用、就労、教育、医療行為などに限られます。

ブルネイ首相府 「GUIDELINES FOR ENTRY TRAVEL PASS APPLICATIONS TO ENTER BRUNEI DARUSSALAM」(英語)

 

・ブルネイ入国者向けトラベルパス(ETP)の申請を渡航の8業務日前までに、ブルネイにいる身元引き受け機関または家族が行い、ビジネス関係者の場合は身元引き受け機関が所掌政府機関からのレターを取得する必要があります。

 

1)申請には、旅券・フライトスケジュール・身元引き受け機関または家族署名のレター(渡航者の隔離期間中の宿泊費とPCR検査費の負担を行う意思表示、渡航者の健康状況が良好であること、渡航者が渡航前14日間は出発国にいたことを保証するもの)

2)隔離用の宿泊施設の予約が必要になります。

3)渡航者または身元引き受け機関、家族が到着後の隔離用宿泊施設を、申請リンクに記載されたホテルの中から選択し、最低6日分を予約します。
渡航者は、ブルネイに向けて出発する前の直近14日間は、出発国に滞在している必要があります。

4)渡航者は、出発前72時間以内に出発国の指定機関で新型コロナウイルス検査(SARS−COV−2RT−PCR)を受け、陰性証明書を持参する必要があります(鼻孔、喉から採取した検体を使用したもののみ可、唾液は不可とされています)。

5)身元引き受け機関または家族は、渡航者の到着前に、到着後のPCR検査費用を支払う必要があります。

6)渡航者は出発前にBruHealthアプリ(接触者追跡アプリ)をダウンロードし、身元引き受け機関は到着時すぐに同アプリが使用できるよう、ブルネイ国内用のSIMカードを準備しておく必要があります。

7)査証が必要な場合は別途取得する必要があります。

在ブルネイ日本国大使館 「ブルネイにおける出入国について」

隔離期間と方法

  • 観光
  • ビジネス

・ブルネイ到着後、渡航者は出発国とトランジット国のリスク分類に応じて、2〜14日間のホテルでの自己隔離を行うこととなり、隔離期間とPCR検査受診日が通知されます。

・隔離用宿泊施設までの交通手段は、選択したホテル側から提供され、公共交通機関の利用は禁止されています。

・渡航者はBruHealthアプリをインストールし、14日間、健康状態の登録を行う必要があります。

在ブルネイ日本国大使館 「ブルネイにおける出入国について」

 

※本ページに掲載されている情報は、記載されている日付時点の情報です。内容が変更になっている可能性がありますので、最新情報は、各国の日本国大使館または外務省のウェブサイトをご確認ください。

駐日ASEAN大使館のリスト

外務省海外安全ホームページ 各国・地域における新型コロナウイルスの感染症危険情報

BACK TO TOP