これを食べずには帰れない!
ベトナムの麺料理5

日本でもおなじみとなりつつあるベトナム料理は、素材の風味が効いていて、野菜やハーブをたっぷり使っているなど、日本人の舌に合う料理が多いのが特徴です。誰もが知っているあの定番料理から、ベトナム各地のご当地モノなど、絶品の麺料理ベスト5をご紹介します!

文句なしの王道!「フォー」は意外にもバラエティ豊か!

「フォー」は米粉の平麺を温かいスープとともにいただく汁麺。スープは鶏ガラまたは牛骨からとるのが主流で、細麺や幅広麺があるなど、そのスタイルはお店によりさまざまです。

ベトナムでは路上の屋台から高級レストランまであらゆる店で提供される、いわばソウルフード! ベトナム全土で味わえる定番料理ですが、実は地方により食べ方が異なるのだとか。

北部のハノイでは塩気の効いたあっさり味の牛肉のフォー(フォー・ボー)が多く、トッピングにさまざまな部位の牛肉やネギ、パクチーがのっています。南部のホーチミンは少し甘みのあるスープが特徴で、別皿で提供されるハーブを好きなだけ加えて味わいます。

フォー専門店では卓上にずらりと調味料が並び、ライムを搾ったり、刻んだトウガラシを加えたり、甘味噌をスープに溶かすなど、自分好みに“味変”を楽しめるのも醍醐味です。

さらに汁なしフォーや、おせんべいのように油で揚げたフォーなど、その食べ方はもはや無限と言っても過言ではなし。

フォー Pho

こんがり香ばしい豚肉&米粉麺の最強コンビ「ブン・チャー」

「ブン」はところてんのように押し出した米粉麺のこと。実はベトナムでは、フォーよりもブンのほうが主流なのだそう。さまざまな料理に使われる「ブン」ですが、北部で定番の食べ方といえば「ブン・チャー」です。

「ブン・チャー」はお団子のように丸まったブンを、甘酸っぱいタレにつけて味わうつけ麺。タレにはヌクマム(魚醤)を使い、あっさりとした味わいが特徴です。さらにこんがりと炭火で焼いた豚肉やミニサイズのハンバーグが入っており、ボリューム満点! 専門店の店先では、豚肉を炭火で焼く香ばしい香りが漂い、ついつられて入店してしまいます。

ちなみに「ブン・チャー」には揚げ春巻きの「ネム・ザン」という定番の付け合わせが存在し、カリカリの春巻きも一緒にタレと合わせていただくのがおすすめです。

ブン・チャー Bun Cha Ca

レモングラス香るピリ辛牛肉麺「ブン・ボー・フエ」

ベトナム中部の街、フエの名物料理「ブン・ボー・フエ」。フエはベトナム最後の王朝・グエン朝の都がおかれた地で、洗練された王宮グルメが魅力です。そんなフエで発祥したのが「ブン・ボー・フエ」です。

豚肉や牛肉をコトコト煮込んだダシの効いたスープには、レモングラスやトウガラシが入っており、コク・酸味・辛味のバランスが最高。つるっとした米粉麺がよく合います。牛スネ肉や豚肉のハム、豚足、野菜などのたっぷりの具材も魅力です。

ブン・ボー・フエ Bun Bo Hue

うどんっぽい!? 醤油ダレの絶品汁なし麺「カオラウ」

世界遺産で知られるベトナム中部の街、ホイアンでぜひトライしたいのが「カオラウ」。コシの強い米粉の麺はまるでうどんのような食感です。甘口の醤油ベースのタレと絡めていただくスタイルで、具は焼き豚やハーブ、ライスペーパーを揚げたおせんべいなど。お皿の中で麺と具、タレをざっくりとまぜてから味わいます。少し表面がざらざらした麺とタレが絶妙に絡み、シャキシャキ野菜やおせんべいのカリカリ食感が絶妙! 辛いものが苦手な人におすすめのひと品です。

カオラウ Cao Lau

トマトとカニがたっぷりのスープ麺「ブン・ジウ・クア」

ベトナムの港町では、カニを使った料理が多数。なかでもベトナム北部の郷土料理「ブン・ジウ・クア(ブン・リュウ・クア)」は、カニの風味が食欲をそそる絶品です!

カニの殻からダシをとり、たっぷりのトマトを入れて煮込んでいて、コクがありながらもトマトの酸味がプラスされてあっさりとした味わいに。細麺のブンとともにいただきます。カニのほぐし身やすり身がトッピングされた、ちょっとぜいたくなひと品です。

ブン・ジウ・クア Bun Riew Cua

バラエティ豊かなベトナムの麺料理。ご紹介したほかにも多くの名物料理があるので、ぜひ現地でお気に入りの一杯を探してみてください!

BACK TO TOP