小腹が空いたら!
魅惑のおやつ&スイーツ

ベトナムの街なかにはおやつ&スイーツのお店が多数! 食後に食べたいフルーツ系スイーツから、朝ごはんや軽食にもなるおやつなど、散歩のおともにぴったりの魅惑のグルメがコチラです。

ベトナム風ぜんざい「チェー」はもはや定番スイーツ!

南国ベトナムを代表するスイーツといえばコレ。ココナッツミルクや練乳、フルーツ、豆類、ゼリーなどにクラッシュアイスを加えたドリンク感覚のデザートです。

専門店では具材の組み合わせが異なるさまざまな種類のチェーが用意されていますが、好きな具を選んで自分好みの一杯を作ることも可能。でも、種類が多すぎて迷ってしまう!という人は、とりあえず「チェー・タップ・カム(Chè thập cẩm)」をオーダーしてみてください。 タップ・カムはミックスの意味で、色々な具が入ったスペシャルなメニューです。肌寒い日やエアコンの風で身体が冷えてしまったときは、温かいチェーもおすすめ。

チェー Che

朝ごはんにも♪ ベトナム版サンドイッチ「バイン・ミー」

「バイン・ミー」はフランス統治時代に伝わったサンドイッチが、パクチーや醤油などを使ったベトナム風にアレンジされて定着したものです。バゲットに野菜やお肉がたっぷり挟んであり、見た目よりもボリュームがあるので、朝ごはんや軽いランチにもぴったりです。

中身は豚のパテやハム、パクチー、トウガラシ、大根のなますなどが主流。辛味や酸味など色々な味がひとつになっています。ベトナムでは朝ごはんとして愛されており、それぞれに行きつけのバイン・ミー店があるというほど。屋台でテイクアウトして、お散歩しながら食べるのも◎なワンハンドフードです。

バイン・ミー Banh Mi

フルーツたっぷりスムージー「シン・トー」

南国フルーツを味わうなら「シン・トー」。新鮮なフルーツと練乳、氷をミキサーにかけたスムージーは、ビタミン補給にもぴったりです。シン・トーのお店はイートインできるカフェスタイルの専門店から、道ばたの小さな屋台風のお店など、街なかのあらゆるところで発見できます。

マンゴーやスイカ、アボカド、ドラゴンフルーツなど、季節により様々な種類があるのもうれしいところ。マンゴー×アボカドなど、2種類のミックスなども可能なので、お気に入りの組み合わせを見つけてみて。

シン・トー Sinh To

コーヒー風味の絶品プリン「バイン・フラン」

「バイン・フラン」はベトナム版カスタードプリンのこと。北部ハノイでは「ケム・カラメン」と呼ばれています。カラメルにコーヒーを混ぜたコーヒー風味のソースが特徴で、濃厚な甘さのプリンとほろ苦いカラメルソースがベストマッチ! クラッシュアイスとフルーツをかけたタイプもあります。

ベトナムスイーツが勢揃いするカフェでは、チェーやシン・トーも用意していることが多いので、他のスイーツと食べ比べてみるのもおすすめです。

バイン・フラン Banh Flan

屋台で食べたい米粉クレープの「バイン・クオン」

ぜひ屋台で味わってほしいローカルグルメがコチラです。「バイン・クオン」は、米粉を溶いた生地を鉄板で蒸し焼きにして、具材を包んだベトナム版米粉クレープ。具材は豚ひき肉やキクラゲが王道で、ハムと一緒に食べるのがスタンダード。プルっとした米粉の生地がクセになる逸品です。

ローカル店では、道ばたに並ぶテーブル席で朝食や軽食としてさくっと食べるスタイルが多いみたいです。

バイン・クオン Banh Cuon

ご紹介したメニューはレストランでも提供されていますが、屋台や道ばたの小さなお店も多数。街の空気を楽しみながら、地元の人たちと一緒に楽しんでみてください。

BACK TO TOP