中南部にある のどかな海辺の町 クイニョンへ

美しい海とのどかな田園風景が広がるクイニョン。近年、モダンなリゾートホテルもオープンし、観光地としても注目されつつあります。まだローカルな雰囲気が残る市内や近郊には、いにしえのチャンパ王国の遺跡も点在しており、ベトナム中南部の深い歴史を知るのも楽しみです。

南シナ海に面したのどかな雰囲気の港町

クイニョンは、ベトナム中南部にあるビンディン省の中核都市。ホーチミン市からは最寄りのフーカット空港まで飛行機で約1時間20分ほど。観光地としての開発が進んだニャチャンとホイアンの間に位置するクイニョンは、ベトナム人にも人気のあるローカルなリゾート地です。

南シナ海に面して幾つもの美しいビーチがあり、昔ながらの漁村もまだ残っていますが、これまで小規模なホテルが多かった海辺には、高級リゾートも建ちはじめています。

海に面して広がるクイニョンの中心部。まだまだ空が広い印象だ。
海に面して広がるクイニョンの中心部。まだまだ空が広い印象だ。

ハノイやホーチミンでは大通りを渡るのにバイクや車が多くて苦労しますが、クイニョンでは、まだ気軽に道を渡れるのも旅行者にはうれしいところ。高層ビルも建ちはじめていますが、市内でもまだまだのんびりとした雰囲気が味わえるのがクイニョンの魅力です。

街中から歩いて行けるクイニョンビーチ

洒落た街灯が並ぶビーチ沿いのプロムナードを、ぶらりと散歩するのも楽しい。
洒落た街灯が並ぶビーチ沿いのプロムナードを、ぶらりと散歩するのも楽しい。

商店街がある市内中心部のすぐ側に広がるのが、クイニョンビーチ。太陽光線の具合によっては黄金色にも見える砂浜が、なんと3キロほどにもわたって 続いています。

以前は、小さな釣り船や小屋などが点在していたクイニョンビーチ。今ではすっかりきれいになり、ビーチ添いには公園やプロムナードが整備されています。早朝や夕暮れどきに、プロムナードをふらりと散歩するのもおすすめです。

左が、グエン ・タット・タイン 、つまり若き日のホー・チ・ミン。右が、父親のグエン・シン・サック。官吏試験に合格した父グエン・シン・サックの任官とともにフエに移り、1909年から1910年にビンディンに滞在した。
左が、グエン ・タット・タイン 、つまり若き日のホー・チ・ミン。右が、父親のグエン・シン・サック。官吏試験に合格した父グエン・シン・サックの任官とともにフエに移り、1909年から1910年にビンディンに滞在した。

近くの広場には、巨大な親子二人の男性の銅像もあり、若者のほうは、のちのホー・チ・ミン 。サイゴンからフランスに旅立つ前に、ビンディン省に滞在していたことから銅像が建てられました。

 

沿岸部には、数々の美しいビーチが点在

バイセップビーチにある「アヴァニ・クイニョン・リゾート&スパ」から海を眺める。奥には小さな漁村が。
バイセップビーチにある「アヴァニ・クイニョン・リゾート&スパ」から海を眺める。奥には小さな漁村が。

郊外にも、数々の美しいビーチが点在しています。フーカット空港からすぐのキィコビーチは、透明な海に面して、手ごろに楽しめる ホテルが立ち並ぶエリア。クイニョン中心部から南に車で約10分の漁村バイセップは、竹製の丸い小舟で沖合に出る伝統の漁やロブスター養殖で知られています。沿岸には奇岩奇石に彩られた美しいビーチが続き、新しいリゾートホテル建設も増えている注目エリアです。

 

 

海を見晴らす岩陰に、プライベートなディナーテーブルをセッティング。バイセップビーチにある「アナンタラ クイニョン ヴィラ」での特別アレンジ。
海を見晴らす岩陰に、プライベートなディナーテーブルをセッティング。バイセップビーチにある「アナンタラ クイニョン ヴィラ」での特別アレンジ。

このあたりのビーチの景観は、荒々しく個性的な岩の間にビーチが広がっているのが特徴。自分だけのフォトジェニックな風景ポイントを見つけてみたくなります。また、ホテルによっては、岩の間に広がるビーチに、プライベートなテーブルをセットするサービスなども提供されています。

チャンパ王国のビンディン遺跡群へ

小高い丘の上に立つタップ・バン・イット(銀塔)へは、急な階段を登ってたどり着く。
小高い丘の上に立つタップ・バン・イット(銀塔)へは、急な階段を登ってたどり着く。

 

ビンディン省には、2世紀頃から17世紀頃に栄えたチャンパ王国の遺跡が多く残されています。チャンパ王国は、レンガを用いた建築技術を持ち、海のシルクロードの中継点として海上交易でも栄えた国。クイニョンには市内や郊外に8つの遺跡が点在し、ビンディン遺跡群と呼ばれています。

街中にはフンタンと呼ばれる遺跡があり、二つの塔がきれいに修復されて残されています。また、郊外の田園の中に忽然と現れる遺跡もあります。

最もよく知られているのが、11世紀初頭に建てられた遺跡で、銀塔とも呼ばれるタップ・バン・イット。クイニョンから北に約16キロ、国道1号線から少し入った小高い丘の上に立っています。

階段を登って頂上にたどり着くと、南シナ海とクイニョン市内を見渡せます。タップ・バン・イットには、主祠堂の他に宝物庫と碑文庫そして楼閣が残っていて、近くに寄って見ると、クメール彫刻を思わせる砂岩彫刻が見事。チャンパ王国が、近隣の国と交流していた証しとされています。

タップ・バン・イットは、地元の人々が観光やデートにも訪れるのんびりとしたスポット。田園風景を眺めながら、しばしの間、ぼーっとしてみるのもいいかもしれません。

舟形屋根をいただく塔は、宝物庫。精緻な植物の文様が刻み込まれている。
舟形屋根をいただく塔は、宝物庫。精緻な植物の文様が刻み込まれている。
銀塔  Banh It Cham Tower
Phuoc Hiep, Tuy Phuoc district, Binh Dinh Province

獲りたての新鮮な魚介類を味わう

「アナンタラ クイニョン ヴィラ」のレストランにて。地元の海で獲れた見事なロブスターやイカをグリルで。
「アナンタラ クイニョン ヴィラ」のレストランにて。地元の海で獲れた見事なロブスターやイカをグリルで。

 

クイニョンでは、目の前の海で獲れたばかりの新鮮な魚介類を味わうのも忘れずに。シンプルな炭火焼きで味わえる店も多くあり、リゾートホテルではちょっと凝ったソースで提供してくれるところもあります。

また、魚介類のバインセオもクイニョンの名物です。米粉にココナッツミルクなどを混ぜて焼くバインセオ。ホーチミン市ではパリッとした薄い皮のものがよく知られていますが、ベトナム中南部のバインセオは、手のひらに乗るくらいの小ぶりのサイズでしっとりとした食感。一説には、ベトナム中南部が発祥の地とも言われています。

近海で採れた小さめのイカやエビをのせたバインセオは、海沿いの街ならではの味わい。ハサミで切り分けてから、野菜やハーブをたっぷりと包んで、ニョクマムにつけて召し上がれ。

美しい海と美味しい魚介類、ほどよくローカルな雰囲気も味わえる海辺のリゾート地です。

 

 

文・写真提供 : 坪田三千代 (Michiyo Tsubota)

BACK TO TOP