手つかずの自然を満喫!
ウル・トゥンブロン国立公園へ

マレーシアのサラワク州に囲まれたブルネイ東部は、豊かな熱帯雨林が広がる動植物の宝庫。ネイチャーツアーが人気のエリアで、その中心となるのがウル・トゥンブロン国立公園です。

ウル・トゥンブロン国立公園

ブルネイ東部のバトゥ・アポイ森林保護区内にある、ブルネイで最初に整備された国立公園。一帯には世界最古ともいわれる熱帯雨林が広がり、その圧倒的なスケールや、無数の生命を育む自然の循環システムの神秘にふれることができます。

公園内には木製の歩道や階段が整備されていて、特別な装備は不要。初心者でも気軽にジャングルトレッキングを楽しめるのが魅力です。

個人でのアクセスはやや複雑なこともあり、バンダル・スリ・ブガワン発着のツアーに参加するのが一般的。複数のツアー会社があり、インターネットや旅行会社を通じて事前予約が可能なほか、現地の空港や滞在先のホテルでも申し込みができます。

ツアー当日の出発時間は朝7~8時くらいが一般的で、ツアー会社の車が宿泊先のホテルに迎えに来てくれます。車でボート乗り場へ移動し、高速艇でブルネイ川を下ります。道中ではカンポン・アイールの街並みや、海に近いエリアではマングローブの森が広がり、飽きることがありません。

およそ50分でトゥンブロン県バンガールの船着場に到着。車に乗り換え30分ほどで国立公園へと続くトゥンブロン川沿いのボート乗り場に到着します。

ウル・トゥンブロン国立公園 Ulu Temburong National Park
Temburong, Negara Brunei Darussalam

ロングボート

公園内の主なスポットはトゥンブロン川流域にあり、移動はロングボートを利用します。ロングボートは5~6人が乗れる細長く平たい船で、浅瀬が多いジャングルの河川に適した伝統的な乗り物。バランスが大事なため、船の上で立ち上がったり、身を乗り出すのは厳禁です。モーターエンジン付きなので、かなりのスピードで川を疾走。水しぶきを浴びながらジャングルの奥地へ進んでいく気分は爽快です。

およそ30分で公園事務所に到着。ここで入園者名簿に記帳します。ちなみに入場料金や移動費等はすべてツアー料金に含まれているので、個別の支払いは不要です。

キャノピーウォーク

川岸から1000段以上の階段を上った先にある、ウル・トゥンブロンのハイライトともいえる自然観察スポット。高さ45メートルほどのところに吊り橋と展望台が設置されていて、生い茂る木々の上から原始の森を一望できる貴重なビュースポットです。

施設は鉄骨を組んだだけの構造なのでスリルも満点。人数制限などのルールを守って見学しましょう。

キャノピーウォーク Belalong Canopy Walkway

ドクターフィッシュ

ツアーによりメニューは異なりますが、公園内では滝めぐりやラフティングなど川遊びのアトラクションも豊富です。人間の古い角質を食べることで知られる「ドクターフィッシュ」が生息する滝つぼもあり、人気を集めています。泳ぐこともできるので、希望者は水着やタオルを用意しておきましょう。

BACK TO TOP