プラナカン カラフルな文化
-ASEAN ヘリテージトレイル-

プラナカンの歴史や文化ほど東南アジアの本質を表しているものはないかもしれません。多彩なアジアの文化が融合したプラナカンが東南アジアに根付き、独自の生活スタイルや文化を発展させてきました。特にグリーン、ターコイズに明るいピンクがミックスした鮮やかな色使いの装飾品やファッションが目を引きます。

 

プラナカンという言葉は、子孫や末裔を意味するマレー語が語源で、中国南部からマレー半島のアンダマン海沿岸に住み着き、そこからシャムの沿岸の町に広がっていった中華系移民を主に指しています。

ASEANヘリテージトレイル -プラナカン カラフルな文化- ではプラナカンの色鮮やかな歴史を辿って、タイ・マレーシア・シンガポール・インドネシアのプラナカン文化にまつわる観光スポットを素敵なイラストとともに紹介しています。

 

 

*この冊子は発行元のタイ国政府観光庁の許可を得て、日本アセアンセンターが翻訳・編集をしたものです。

 

『ASEANヘリテージトレイル プラナカン カラフルな文化』(PDF)をダウンロード

 

同シリーズ  インドシナを流れるメコンこちら

      伝説のゴールデンチークこちら

BACK TO TOP